弁護士と司法書士の違い

MENU

弁護士と司法書士の違いが知りたい!どちらに依頼するのが良いのか

<自己破産の相談は弁護士・司法書士に違いがあるの?>

 

借金返済が非常に困難になり、借金地獄で絶望しかないというような状況の場合は自己破産などの債務整理をする事で解決が可能です。ですがそのためには弁護士や司法書士などの法律のプロに手続きを依頼しなければならない人が大半です。

 

これらの士業の人達を探す時にはインターネットを活用する人が多いかと思われますが、自己破産の相談が出来る所を探しているとたくさんの弁護士事務所や司法書士事務所が出てきます。しかしここで疑問に思うのが弁護士と司法書士の違いについてです。

 

自己破産は弁護士や司法書士に支払う費用も高額ですから、出来るだけ失敗しないように依頼する所を選びたいと思うのは当然ですよね。今回は弁護士と司法書士の違いについて解説していきます。

 

<弁護士とは?>

 

弁護士とは依頼者から依頼を受けるなどして、法律行為を代理するあらゆる権限を持っている有資格者の事を指します。弁護士の国家資格を持たない人が弁護士を名乗ったり、誰かから依頼を受けて代わりに法的な手続きなどを行うと違法行為となります。この他にも弁護士資格を持たないのに法律事務を行うと、これもまた違法行為に該当します。これは非弁行為と呼ばれています。

 

<司法書士とは?>

 

司法書士とは基本的には法的な書類の作成代行が主な仕事となります。弁護士と違い、法律行為を代理する権限は無いですが、法務大臣の認可を受けた認定司法書士に関しては債務整理の相談・依頼を受ける事が出来ます。しかし弁護士に比べると制限が多くて携われる範囲が少なめなため、依頼者側の抱える問題次第では弁護士の方が良い場合も多々あります。

 

<弁護士と司法書士…債務整理時の違い>

 

弁護士と司法書士が債務整理の依頼を受けた場合、報酬と与えられた権限と扱える範囲などに違いが生じます。例えば弁護士と司法書士の報酬を見た場合、弁護士の方が法的な事を行える権限が広いですから、弁護士の方が報酬が高くなっています。ですが司法書士の中にも弁護士並みに報酬をとる所がかなりありますので、同じ報酬を払うのであれば弁護士に依頼をした方が良いでしょう。

 

また、債務整理を依頼する際に、その時点での自分の借金額が140万円以上になると司法書士に依頼をする事は出来ません。司法書士は140万円以下の案件しか取り扱う事が出来ないと法律で定められているからです。これとは反対に、弁護士の場合は債務額についての制限はありません。これも弁護士と司法書士の目立った違いです。

 

これと同じく、交渉代理権も弁護士は無制限ですが司法書士には140万円以下という壁があります。訴訟代理権に関しては、弁護士は制限が無いので難なく行えますが司法書士に依頼した場合は簡易裁判所のみしか権限がありません。

 

債務整理を行う場合は弁護士に比べ、司法書士に依頼をすると行使できる権利の範囲が狭いので注意しなければなりません。しかし裁判所を通さないような任意整理や、金額が割と低めな過払い金返還請求位ならば司法書士に依頼してもそこまで支障が出る事は無いと言われています。逆に金額が高額になったり、裁判にもつれ込みそうな問題だと感じたら弁護士の方が良いかもしれませんね。

 

<自己破産の手続きは弁護士と司法書士どちらがおすすめ?>

 

弁護士と司法書士の違いを見ていくと、やはり法律行為の代理に関しては弁護士の方が強いです。司法書士は弁護士に比べると報酬が安い所も多いですから、借金の総額がざっと計算しただけでも140万円以下である事がはっきりしているならば司法書士に依頼をしても良いように思えます。

 

ですがこれは任意整理やちょっとした依頼などの場合です。自己破産や個人再生、闇金の問題を依頼する際には弁護士に依頼をするのがおすすめです。自己破産も個人再生も地方裁判所が管轄となりますので、司法書士は必要な書類を作成する事は出来てもそれ以降の手続きなどに関しては行っていく事が出来ません。

 

当然ですが司法書士が出来ない部分に関しては自分で行って行かなければなりませんので、せっかく高いお金を払って士業の人に依頼をしているのに、やらなければならない事が増えて負担になってしまう事もあります。弁護士に依頼すれば自己破産の申立についても弁護士が行ってくれますが、司法書士に依頼するとその権限が無いので申立の手続きについても自分でしなければなりません。要は裁判所に赴く回数が一回増えてしまうという事になります。ですから基本的に自己破産の相談・依頼は弁護士が無難です。

 

首都圏在住の人が自己破産をする場合、財産を処分しなければならない場合でも管財事件ではなく少額管財事件として取り扱われます。これによって予納金も管財事件の50万でなく少額管財の20万となりますので、金銭的な負担は多少軽くなります。

 

司法書士に依頼をすると弁護士のように多くの手続きなどを代行してもらう事は難しくなり、自分でも多少面倒な手続きをしなければならなくなります。ですが面倒な書類作成は行ってくれますし、裁判所での手続き方法なども教えてくれるので手続き自体は行える可能性が高いです。費用面では弁護士費用と比べてみても大差ない事が多いので、少々高くなっても信頼できる弁護士を探して依頼をした方がスムーズですし、丸投げ出来る部分が多くなるのでおすすめと言えます。

 

結局最終的には迷ったら弁護士!という事になります。ただし、信頼できる弁護士である事が大前提ですので弁護士選びには注意しましょう。

 

<じゃあ債務整理で司法書士に依頼は必要ないんじゃ…?>

 

ここまでで弁護士と司法書士の違いについて解説してきましたが、司法書士の報酬は弁護士より安いとはいえ並はずれて差があるわけでもありませんし、自己破産の場合は権限の幅が狭いので自分で行わなければならない部分もあるという事がわかりました。

 

これだけを見ると司法書士に依頼する必要性をあまり感じない人も多いかと思われます。実際自己破産の場合は弁護士に依頼した方が色々な手続きを代行してもらえるので頼もしい存在となりますので、料金以外に司法書士に依頼するメリットはほぼ無いと言って差し支えないでしょう。

 

ですが司法書士にも良い所はあります。自己破産意外では司法書士に依頼をしても差し支えないケースが結構多くあるのです。例えば金額が割と低めな過払い金返還請求の際には、費用を抑えて手続きを代行してもらう事が可能ですし、債務整理でも任意整理であれば特に弁護士に依頼した場合と大して結果に違いは生じないケースが大半です。

 

弁護士事務所の方が良いと考える人が多く、依頼はどちらかというと弁護士の方に集中するため、司法書士と連絡がとれない・アドバイスを受けたいのに電話がつながらないといった事が少ないのもメリットとなります。

 

司法書士にしても弁護士にしても、対応やその人の性格は人それぞれです。熱い人もいればクールな人もいますし、誠実な人もいれば無責任な人もいます。結局自分の抱えている問題を解決する事が最終目標ですので、出来るだけ信頼できる事務所を見つける必要があります。

 

また、報酬に関しても%で表されている事が多いですが、不透明な部分に関してはきちんと金額で契約前に確認しておく必要があります。ネットで色々な法律事務所や法務事務所のHPを見ていると料金が明確に書かれている所も多いですが、実際に見積もりを出してもらうまでは信用してはいけません。あくまでも参考程度に考えておくのが良いでしょう。実際には書かれているより多く請求される事も多々あるからです。

 

弁護士や司法書士費用を抑えたいのであれば、いくつかの事務所に相談して見積もりを出してもらい、比較検討するのがおすすめです。